仕事について

ドライバー歴3年の現役スタッフが語る、デリヘルドライバーをやってて辛かったこと

投稿日:2017-04-29 更新日:

デリヘルドライバーの仕事をしていて辛いと思ったこと

京橋のデリヘルドライバーの仕事をやっていて辛かったこととしては、やはり女性からの八つ当たりらしいです。

大阪という地域柄もあると思いますが、気さくな女性が多いものの、時には仕事のストレスからか八つ当たりされるということもない訳ではないようです。

もちろん、送迎中は女性がリラックスできる時間にするのがデリヘルドライバーの仕事であり、受け入れないといけないこともあります。

デリヘルドライバーの仕事をするにあたって、ストレスが溜まっている女性からの八つ当たりは、ある程度覚悟しないといけません。

デリヘルドライバーの仕事で辛いことの代表例です。

辛い相談、その1

また、女性から辞めたいと相談されるのも辛いことの一つのようです。

多くの場合は彼氏ができたからこの仕事を辞めたいといわれるものの、お店のことを考えれば頑張って欲しいとしか言えないものです。

もちろん、その女性のことを考えると辞めるのが正解と判断できるからこそ、本音はあまり口に出せない辛さがあるようです。

最終的にはその女性自身が決めるものの、辞めるのを後押しするのは基本的にはNGとなります。

一人の女性として話を聞くか、デリヘルで働く女性として話を聞くか、で答えは大きく変わっていくものです。

ずっと続ける仕事ではないから、どこかで区切りをつけないといけない時はやってきます。

仕事内容が特殊であるからこそ、切ない気持ちになってしまうデリヘルドライバーも少なくないようです。

当然一人の女性が辞めることでお店にとってダメージは大きいもので、葛藤がある中で会話をしないといけません。

辛い相談、その2

さらに、非常識な態度をとる女性に対応するのが辛いようです。

ドタキャンやデリヘルドライバーを足代わりにするなどの場合に言えるものです。

車にゴミなどを当たり前のように捨てるという女性もいるようで、そういった女性であっても当たり障りない接し方をしないといけないのが辛いと思う方は少なくありません。

デリヘルの主役はあくまでも女性であり、デリヘルドライバーはあくまでもサポート役です。

年齢が上か下かではなく、そのお店での主役が誰かははっきりしているからこそ、立場を考えて接することが大事であるのはいうまでもありません。

長くデリヘルドライバーの仕事をしていると、このように辛いと思う時もあるようです。

当然ながら、自分の感情を優先して接することはできないのです。

もちろん、デリヘルドライバーに対して常識を持って接してくれる女性も少なくないようです。

-仕事について
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デリヘルドライバーは女性との会話はNGって本当?

池袋で直撃!デリヘルドライバーは女性との会話はNGって本当?

ドライバーとデリヘル嬢の会話事情とは デリヘルドライバーと女性との会話は、基本的にNGであることは結構あります。 もちろん、挨拶をするのは全く問題がなく、むしろしないといけません。 そして仕事に関係す …

【元経営者が語る】実際のドライバーの業務・収入について

【元デリヘル経営者が語る】実際のドライバーの業務・収入について

「デリヘルドライバー向きの人」とは? 夜の、女性が絡む仕事には「ドライバー」が付き物である。 自宅からお店までの送迎があれば、行きは楽だし、帰りの時間を気にしなくてもいいし、アルコールも飲める。 「通 …

完全夜型!?白金のデリヘルドライバーの1日

完全夜型!?白金のデリヘルドライバーの1日

デリヘルドライバーは夜の仕事である 白金だけではなく、基本的にデリヘルドライバーの生活は夜型になりやすいです。 これには様々な理由があります。 まず、デリヘルは基本的に昼の時間帯よりも夜の時間帯の方が …

デリヘルドライバーの1日の仕事の流れ

去年から新宿でデリヘルドライバーになったS氏の1日

デリヘル送迎ドライバーの仕事内容 デリヘルドライバーの仕事は、まず「確認」という作業から始まります。 特に新宿の場合は、交通量が比較的多いので、エリアの交通情報を入手しなければなりません。 当然ながら …

デリヘルドライバーの昇進への道

十三のデリヘルドライバー昇進の道

デリヘルドライバーの仕事は昇進も期待できます。 デリヘルドライバーとしての仕事で高く評価されれば、そのまま運営スタッフとしての仕事もお願いされることもあるのが事実です。 デリヘルドライバーから昇進する …